DANKAN コラムDANKAN MAG

40代レディースのカジュアルスーツ着こなしポイントとNG例

40代レディースのカジュアルスーツ着こなしポイントとNG例

服装自由の会社が増えているなかで、カジュアルスーツを着て通勤している女性も多いのではないでしょうか?

カジュアルスーツに限らずファッション全般を通して、「年齢に合った着こなしをしたい」と考えている方もいると思います。

40代女性のカジュアルスーツは、20〜30代と比べると着こなしポイントが異なってくるため、しっかりとポイントを押さえて着こなしていきたいところです。

そこで今回は、40代レディースのカジュアルスーツの着こなしポイントやNG例、実際のコーディネート例などについてご紹介していきます。

40代×レディース カジュアルスーツで押さえたい着こなしポイント

淡いブルーのジャケットを着た女性

40代女性の中には、ファッションに対する考え方やコーディネートの仕方に対する考え方が20〜30代から変わってきたという方もいるのではないでしょうか?

会社に着て行くカジュアルスーツに関しては、「女性らしさも出したいけど硬すぎない格好がしたい」など、いろんな考えがあると思います。

では、40代の方がレディースカジュアルスーツを着る際に押さえておきたいポイントにはどんなものがあるのか確認していきましょう。

ポイント①会社の雰囲気やドレスコードに合った格好をする

40代になると社会経験が豊富で、人によっては社内で役職に就くなど地位を築いているケースもあると思います。

そういった場合、20〜30代の若手社員のお手本になるような格好を心がけたいという方もいるのではないでしょうか。

そのため、40代女性に限ったことではありませんが、会社の雰囲気やドレスコードに合った格好は意識したいところです。

基本的にはシンプルなデザインの格好をすれば、落ち着いた大人女性の雰囲気を出すことができ、会社の雰囲気を壊すこともないでしょう。

もし服装の自由度が高い会社であれば、シンプルなデザインにアクセサリーやハンカチ、ソックスなど小物に差し色を入れて華やかさや女性らしさを加える工夫をしてみるのも1つの着こなしポイントです。

ポイント②上品さ・清潔感のあるコーディネートを意識する

40代女性がレディースカジュアルスーツを着こなす際に意識したいのは、「上品さ・清潔感」なども挙げられます。

上品さや清潔感を意識することで、40代ならではの魅力や大人女性の雰囲気をより引き出せるでしょう。

例えば、ジャケット・インナー・ボトムスそれぞれを同じカラーで揃えることで、統一感が出て上品にまとまります。

またスカートを穿く場合は、ミドル〜ロング丈を選ぶことで大人っぽく落ち着いた着こなしをすることが可能です。

カラーに関しては、ブラック・ホワイト・グレーなど定番カラーも良いですが、女性らしい華やかな印象を与えたい場合は色も取り入れてみるとよいでしょう。

色を取り入れる場合は、スモーキーカラーなどニュアンス感のあるカラーを選べば、華やかさを残しつつ落ち着いた大人の上品さを演出することができます。

ポイント③動きやすくて仕事の支障にならない服装を選ぶ

カジュアルスーツでは、動きやすいデザインやサイズのものを選ぶことも大切で、身体にフィットするサイズを選ぶのもポイントです。

またトレンドを意識するのであれば、少しゆとりがあってリラックス感や動きやすさのあるサイズを選んでもよいでしょう。

他にも派手な装飾が施されているアイテムは、仕事の支障になる可能性があるので避けるのが無難です。

40代×レディース カジュアルスーツのNG例

黒色のジャケット

ここまで40代女性が押さえておきたいレディースカジュアルスーツの着こなしポイントについてご紹介しましたが、避けたほうがよい例もあります。

そこでここからは、40代女性がレディースカジュアルスーツを着用する際のNG例についてご紹介していきますので参考にしてみてください。

NG例①オフショルダーやミニスカートなど露出が多すぎるアイテム

40代女性に限った話ではないですが、通勤服としてカジュアルスーツを着るのであれば、オフショルダーやミニスカートなど露出が多すぎるアイテムは避けたほうがよいでしょう。

オフショルダーやミニスカートといった露出が多い格好は、ビジネスライクというよりもプライベートな印象を与えてしまうかもしれません。

肩が出ていないアイテムや膝下丈のスカートを選ぶことで、大人っぽい上品な雰囲気も造りやすくなりますので露出度を意識しながらコーディネートを考えましょう。

NG例②蛍光色やアニマル柄など派手すぎるアイテム

蛍光色やアニマル柄などのアイテムは、カジュアルな印象が強いためビジネスシーンには向いていません。

他の社員が仕事中に目を奪われてしまうような派手・奇抜なデザインのアイテムは、職場の雰囲気や仕事の妨げになる可能性があるので避けましょう。

基本的にオフィスカジュアルでは、無地のシンプルなものやベーシックカラーや落ち着いたカラーを選ぶのが良いとされています。

NG例③大きくて野暮ったさを感じるサイズ

トレンドとして少しゆとりのあるデザインのアイテムを取り入れるケースは珍しくありませんが、サイズが合っておらず大きくて野暮ったさを感じるアイテムは避けたほうがよいでしょう。

場合によってはだらしなさを感じさせる可能性もありますので、自分にぴったりなサイズのものを選ぶことをおすすめします。

「既製スーツでは自分に合ったサイズがない」という場合は、スーツ専門店によってはオーダーすることも可能ですので、1着オーダースーツを持っておくのもよいです。

40代×レディース カジュアルスーツのコーディネート例

グレージャケットを着た女性

40代女性のレディースカジュアルスーツの着こなしポイントとNG例についてご紹介してきましたが、実際にどのようなコーディネートをすればいいのか分からないという方もいると思います。

そこでここからは、さまざまなシーンに合わせてコーディネート例をご紹介していきますので、今後のカジュアルスーツコーデの参考にしてみてください。

コーデ例①定番はジャケット×タイトスカート

きちんと感のあるコーディネートをしたい場合は、定番の「ジャケット×タイトスカート」でコンサバ感のある印象にまとめるとよいです。

テーラードジャケットは、かっちり感もあって大人っぽい雰囲気を演出することができ、ネイビーカラーも落ち着いた印象を与えます。

こなれ感を出したい場合はノーカラージャケットと合わせてみても良いですし、写真のようにセットアップではなく上下に違うアイテムを取り入れることでおしゃれ見えさせるのもよいでしょう。

コーデ例②涼しいコットン素材などを取り入れた春夏スタイル

春らしいコーディネートを意識したい場合は、軽やかな印象を与えるリネンライクな素材を使ったジャケパンスタイルがおすすめです。

ベージュ系カラーは、落ち着いた印象でありながら明るく女性らしい雰囲気を演出することもできるので春にぴったりなカラーといえるでしょう。

また夏は、コットンなどの涼しげな素材のジャケットを取り入れることで夏らしい印象を与えることができます。

コットン素材だとカジュアルな風合いを感じさせますが、写真のようにVカラージャケットにすることで上品さのある着こなしをすることが可能です。

コーデ例③温かみのある素材やカラーを使った秋冬スタイル

少しずつ肌寒くなってくる秋は、ブラウン系やカーキ系のカラーを選ぶことで温かみのある雰囲気や季節感を演出することができます。

ジャケットの下に黒のカットソーやセーターを合わせると、コーディネート全体が引き締まって上品で大人っぽい印象になるでしょう。

寒い冬は、つい着込んでしまってゴワついたり動きにくかったりすることもありますが、写真のような温かくて柔らかいカシミヤ生地のジャケットなら問題ありません。

ボトムスにジーンズを合わせることでカジュアルな着こなしになりますが、ジャケットが程よいきちんと感を出してくれます。

コーデ例④ジャケット×ワンピースで大人フェミニン

女性らしいコーディネートをしたいけどきちんとした雰囲気も出したいという場合は、フェミニンな印象を与えるワンピースときちんと感のあるジャケットを合わせたコーディネートがおすすめです。

ワンピースも黒を選ぶことで落ち着いた清潔感のある印象になるので、オフィスシーンでもフェミニンになり過ぎません。

またジャケットにベージュなどの明るい色を合わせれば、重たくなり過ぎず40代ならではの大人っぽい仕上がりになります。

コーデ例⑤ゆとりのあるシルエットでおしゃれに体型カバー

40代女性の中には体型を気にされる方もいると思いますが、体型カバーをするにしてもおしゃれさは損なわないように気をつけたいところです。

そういったときは、写真のようなワイドシルエットなパンツなら脚細・脚長効果を得られ、スタイルアップにつながります。

また上品な印象を与えることができますので、40代の大人らしい印象を出したい方にもおすすめのコーディネートです。

40代レディースのカジュアルスーツ着こなしポイントとNG例まとめ

レディースのジャケットやアウター

今回は、40代女性向けにレディースカジュアルスーツの着こなしポイントやNG例、コーディネート例などについてご紹介しました。

レディースカジュアルスーツの着こなしポイントとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 会社の雰囲気やドレスコードに合った格好をする
  • 上品さ・清潔感のあるコーディネートを意識する
  • 動きやすくて仕事の支障にならない服装を選ぶ

そしてオフショルダーやミニスカートなど露出が多過ぎるもの、蛍光色やアニマル柄など派手過ぎるものなどは、カジュアルな印象が強くビジネスシーンには向いていませんので注意しましょう。

もし自分に合った着こなしが分からなかったり、ちょうどいいサイズ感のカジュアルスーツが見つからなかったりする場合はダンカンにご相談ください。

ダンカンのレディースオーダースーツは、女性のボディラインに自然にフィットしてシルエットを美しく見せることが可能です。

定番のテーラードジャケットはもちろんノーカラージャケットからお好みのパターンを選べるだけでなく、ボトムスもストレートパンツやワイドパンツ、ボックススカートなど豊富な種類をご用意しております。

1,000種類以上の生地や豊富な裏地・ボタンの中から、自分だけのこだわりの1着を仕立てることができますので、ぜひこの機会にダンカンのレディースオーダースーツをご利用ください。

ダンカンのレディーススーツのオーダーはこちら

ダンカンのカジュアルスーツはこちら

WEB予約はこちらから

近くの店舗を探す

ただいま開催中のセール情報SALE INFORMATION

  • SUMMER COLECTION

     SUMMER COLECTION 開催中

  • 春夏新柄 特別大目玉

    2022.5.20(金)~6.5(日)春夏新柄 特別大目玉 開催中

  • 2PANTS SALE

     2PANTS SALE 開催中

お近くの店舗はこちらからお探しください。