DANKAN コラムDANKAN MAG

ジーンズ×ジャケットで作るビジネスカジュアルコーデのポイント

ジーンズ×ジャケットで作るビジネスカジュアルコーデのポイント

ジーンズとジャケットを組み合わせたコーディネートは、シンプルで清潔感があり普段着として着用している方もいると思います。

最近では、オフィスカジュアル可の会社も増えていますので通勤用として着たいという方もいると思いますが、ビジネスシーンにおいてジーンズ×ジャケットはOKなのでしょうか?

そこで今回は、ビジネスでジーンズ×ジャケットがOKなシーンとNGなシーンについてご紹介し、着こなし方やコーデ例についてもお話していきます。

ビジネスシーンにおいてジーンズ×ジャケットはOK?

ビジカジスタイルの男性と女性

最近では、ビジネスシーンで着用する服装のカジュアル化が進んでおり、オフィスカジュアルやビジネスカジュアルという言葉も浸透するようになりました。

IT業界やアパレル業界を中心に大手企業でもジーンズ×ジャケットOKとするところが増えつつありますが、中にはスーツの着用を義務化している会社も多いです。

そこでまずは、ビジネスシーンにおいてジーンズ×ジャケットがOKなシーンとNGなシーンについてお話していきます。

ビジネスでジーンズ×ジャケットがOKなシーン

日本のIT業界に関してはGoogleやAppleなど有名企業の影響もあり、ジーンズ×ジャケットのスタイルOKとしているところが多いです。

他にもアパレル業界やマスコミ業界など、業界によってはジーンズOKとする企業が多いですが、基本的にそれぞれの会社では独自の服装規定が設けられています。

例えば、オフィスカジュアルOKでもジーンズはNGとしているところもあれば、ジーンズはNGではないけどグレーゾーンという曖昧なところも少なくありません。

そのため、ジーンズ×ジャケットがOKかどうかは、まず会社の服装規定を確認する必要があるでしょう。

また仕事の取引相手がどんな業界か、どんな服装をしている職場かということを確認して、相手に合わせた服装を意識することが大切です。

ビジネスでジーンズ×ジャケットがNGなシーン

ヨーロッパで誕生したジーンズは、アメリカで作業着として使われるようになったことから流行し、現在ではカジュアルファッションに欠かせないアイテムとして人気です。

もともと作業着として使われていたこともあって、ジーンズはカジュアルでラフな印象が強いため、ビジネスシーンで着用するとカジュアルライクな印象になります。

もし、仕事の取引相手がスーツを着てネクタイを締めているようなかっちりとしたスタイルだった場合、こちらがラフな服装をしていると相手に不快な印象を与えてしまうかもしれません。

またビジネスにおいては、本来お互いに同等の立場であるべきですが、服装の違いからバランスが崩れて仕事がスムーズに進まなくなる恐れもあります。

特に営業職など取引先企業に赴く機会が多い職種においては、ジーンズ×ジャケットはNGな場合もあるので、服装規定ではOKでもシーンに合わせて適切な服装を判断することが大切です。

ビジネスで使える!ジーンズ×ジャケットの着こなしポイント

ジャケットと白いジーンズを着た女性

ジーンズ×ジャケットのコーディネートは、プライベートでカジュアルに着る場合とビジネスシーンで着る場合でポイントが変わってきます。

ビジネスシーンでは、服装に関してさまざまなルールやマナーがありますので、最低限ルールなどを守ったうえできれいめにまとめることがポイントです。

では、ビジネスシーンにおけるジーンズ×ジャケットの着こなしポイントについてご紹介していきます。

押さえておきたいポイント①ダメージが激しいものは避ける

ビジネスシーンでは、過度に肌を露出させるのは良くないというマナーがありますので、激しいダメージ加工が施されて肌が露出するようなジーンズは控えるのが無難です。

ダメージジーンズは、プライベートで穿く分にはオシャレでかっこいいですが、ビジネスシーンで穿くとカジュアルになり過ぎる場合もあるので注意しましょう。

押さえておきたいポイント②色落ちし過ぎていないものを穿く

ジーンズの醍醐味に経年変化によるシワや色落ちが挙げられますが、色落ちし過ぎているものはカジュアルさが強い印象になるため控えたほうがよいです。

ビジネスシーンにおけるジーンズのカラーは、きれいめな印象を与えられる濃紺などが一般的ですが、ブラックジーンズなども人気の高いカラーとなっています。

少し抜け感やオシャレさを演出したい場合は、一度だけ洗った「ワンウォッシュ」というものなら、きれいめな色味でビジネスシーンでも問題なく穿けるでしょう。

押さえておきたいポイント③太すぎるサイズは選ばない

最近では、ワイドシルエットのボトムスの人気が高いですが、ビジネスシーンでは太過ぎるジーンズを穿くとカジュアルっぽさが強く出てしまいます。

またサイズによっては野暮ったく見えるので、人にだらしない印象を与えてしまう可能性もあるので太過ぎるデザインのジーンズは控えたほうがよいでしょう。

ビジネスシーンでは、ストレートやスキニー、テーパードなど脚がすっきり見えるタイプのジーンズが定番となっています。

ビジネスでおしゃれに見せるジーンズ×ジャケットのコーデ

ビジネスカジュアルな男性

ここまでビジネスシーンにおけるジーンズ×ジャケットのOKシーン・NGシーンと着こなしポイントについてご紹介してきました。

基本的なポイントについて理解しても実際にコーディネートを考えるとなると、どうすればいいか分からないという方もいるのではないでしょうか?

そこでここからは、ビジネスシーンでおしゃれに見せるジーンズ×ジャケットのコーディネート例についてご紹介していきます。

ジーンズ×ジャケットコーデ①定番のジャケパンスタイル

ビジネスシーンでは、清潔感やきちんと感のある服装が好まれますので、シンプルにまとめたコーディネートから取り入れてみるのがおすすめです。

写真では、定番のジャケパンスタイルをかっこよく着こなしており、ブルーのジーンズに同系色のネイビーのジャケットを合わせて全体的に統一感を出しています。

インナーに黒を取り入れることでコーディネートが引き締まりスマートな印象になっていますが、明るい印象を作りたい場合は白を取り入れてもよいでしょう。

またベルトと靴の色を合わせて、まとまりのあるコーディネートになっている点もポイントとなっています。

ジーンズ×ジャケットコーデ②スキニージーンズ×ジャケット

スタイリッシュな印象を作りたいという方は、身体に密着するような細身シルエットのスキニージーンズを選んでみてはいかがでしょうか?

写真のように足元がすっきりと見えるため、ジーンズでもカジュアル過ぎずきれいめな印象を与えることが可能です。

濃紺のジーンズに黒のジャケットと靴を合わせて、落ち着いた大人っぽい雰囲気を感じさせますが、明るいカラーのシャツやネクタイを合わせていることで重くなり過ぎていません。

すっきりとスマートで清潔感もあるため、ビジネスシーンはもちろんプライベートでも好印象を与えられるコーディネートとなっています。

ジーンズ×ジャケットコーデ③テーパードジーンズ×ジャケット

落ち着いた雰囲気のビジネスカジュアルスタイルがしたいという方は、全体的にダークトーンでまとめると大人っぽく落ち着いた印象にすることが可能です。

写真では、テーパードパンツと革靴に黒、シャツとジャケットにネイビーを取り入れており、2色使いで統一感のあるコーディネートになっています。

テーパードパンツは、太もも周りにゆとりがあって裾に向かって細くなっていくシルエットをしているため、脚のラインをきれいに見せスタイルアップ効果が期待できるのが魅力です。

またスキニーパンツと比べて太もも周りに余裕がある分動きやすいので、営業職などよく動く仕事をしている方におすすめのジーンズとなっています。

ジーンズ×ジャケットコーデ④ブラックジーンズ×ベージュジャケット

ブラックジーンズは、いろんなアイテムやカラーと合わせやすいため、1本持っておくと非常に便利な優れものです。

足元は黒のレザーシューズを合わせて落ち着いた印象になっていますが、ジャケットやインナーに明るい色を合わせることで重たさを感じさせません。またベージュカラーは、温かさや優しさといった印象を与える効果がありますので、安心感を与えたいシーンではおすすめのカラーといえます。

どんな色を取り入れるかによって、相手に与える印象が変わることもありますので、ビジネスではシーンに合わせて色を使い分けるのもおすすめです。

ジーンズ×ジャケットのビジネスカジュアルコーデのポイントまとめ

ジーンズ×ジャケットを着た男性

オフィスカジュアルやビジネスカジュアルが浸透しつつある現代社会では、ジーンズ×ジャケットの組み合わせOKの会社もたくさんあります。

しかし会社によっては、服装規定でオフィスカジュアルNGとしているところもあれば、オフィスカジュアルOKでもジーンズはNGといったところもあるため、事前に会社の服装規定を確認することが大切です。

また会社でジーンズ×ジャケットがOKの場合も、取引先の会社がどんな服装をしているかなどを意識して考える必要があります。

そしてビジネスシーンでジーンズ×ジャケットコーデをする場合は、以下の3つのポイントを押さえて着こなすと良いでしょう。

  • ダメージが激しいものは避ける
  • 色落ちし過ぎていないものを穿く
  • 太すぎるサイズは選ばない

もしジーンズを選ぶ際に自分好みのデザインが見つからなかったり、自分に合ったサイズがなかったりする場合は、ダンカンのオーダージーンズをご利用ください。

ストレート・スキニー・テーパードからお好みのスタイルを選べるだけでなく、カラーバリエーションもインディゴやブラック、ホワイトなど豊富に揃っています。

またダンカンでは、ジーンズ以外にもカジュアルスーツのオーダーも承っておりますので、ジーンズに合わせてジャケットをお作りいただくことも可能です。

自分だけのジーンズ×ジャケットスタイルで、おしゃれなビジネススタイルを楽しんでみませんか?

ダンカンのオーダージーンズはこちら

オーダージーンズのカスタムについて

WEB予約はこちらから

近くの店舗を探す

ただいま開催中のセール情報SALE INFORMATION

  • SUMMER COLECTION

     SUMMER COLECTION 開催中

  • 春夏新柄 特別大目玉

    2022.5.20(金)~6.5(日)春夏新柄 特別大目玉 開催中

  • 2PANTS SALE

     2PANTS SALE 開催中

お近くの店舗はこちらからお探しください。