DANKAN コラムDANKAN MAG

40代・50代レディースのオフィスカジュアルのコーデ術

40代・50代レディースのオフィスカジュアルのコーデ術

40代・50代のレディースオフィスカジュアルは、20〜30代の頃と比べて着こなし方やコーデのポイントに違いがあります。

では、40代・50代女性ならではのオフィスカジュアルとしては、どういったことを意識すればよいのでしょうか?

今回は、20代・30代とのオフィスカジュアルの違いや40代・50代のオフィスカジュアルのNGポイント・コーデ術などについてご紹介していきます。

40代・50代女性ならではのオフィスカジュアルとは

きれいめなオフィスカジュアルコーデの女性

40代・50代になると、20〜30代の頃と比べて社内での立場が変化していることも考えられるため、そういった立場なども考慮した服装が大切です。

またオフィスカジュアルのコーデに対する意識を少し変えるだけで、大人女性の魅力を最大限引き出すことにもつながるでしょう。

まずは、40代・50代女性ならではのオフィスカジュアルもポイントについてご紹介していきたいと思います。

ポイント①社内の雰囲気にマッチしている

会社ごとに異なる服装規定を設けているケースが多いため、基本的にはその会社の服装規定や社内の雰囲気に見合った格好をするのが好ましいです。

もし新しい情報やトレンドをいち早くキャッチするような会社なのであれば、オフィスカジュアルにもトレンドアイテムやカラーを取り入れると良いでしょう。

堅い雰囲気の会社なのであれば、セットアップスーツやジャケパンスタイルなど、かっちりとした印象を与えるきれいめコーデをするのも良いと思います。

また40代・50代女性は、会社の中でもキャリアアップしてそれなりの地位を築いている場合が多いため、立場を考慮したり新入社員・若手社員のお手本になるような服装も意識することが大切です。

ポイント②上品で清潔感のある服装

ここ最近では、オフィスカジュアルが広く浸透しているものの、仕事着であることに変わりないのでカジュアルすぎるものは避けたほうが良いでしょう。

40代・50代女性の場合は、激しい色落ち加工やダメージ加工されたジーンズは避けて、上品で清潔感のあるオフィスカジュアルを意識することがポイントです。

また取引先と会う可能性もありますので、「人から見た印象」を考慮しながらコーデを考えることも大切になります。

ポイント③仕事の邪魔にならないコーデ

オフィスカジュアルを着る場合は、仕事の邪魔にならないようなコーデを考えることも重要なポイントです。

例えば、サイズが合っていないと窮屈に感じたり袖や裾が余ったりして、仕事の妨げになってしまう可能性があります。

また装飾などを付けすぎてしまうと、商談などで取引先が集中できず、スムーズに話が進まないといったことも否定できません。

基本的には、自分の体型に合ったサイズのものを選び、装飾なども控えめにして仕事の邪魔にならないコーデをしましょう。

20代・30代とのオフィスカジュアルの違い

白のセットアップスーツを着た女性

年齢を重ねるとともに、ファッションの趣向に変化が現れることが多いですが、20代・30代と比べたとき、どのような違いがあるのでしょうか?

もちろん、個人によってファッションの好みは異なりますので一概に言えませんが、ここからは「40代・50代」と「20代・30代」のオフィスカジュアルの違いについてご紹介していきます。

20代・30代との違い①コーデの色使い

20代・30代の女性は、オフィスカジュアルコーデをする際に、季節やトレンドに合わせてグリーン・ブルー・レッド・イエローなどを取り入れ、全体的に華やかな色使いをする方が多いのではないでしょうか。

一方で40代・50代の女性は、季節感は意識しつつもトレンドに左右されないような黒・白・グレー・ネイビー・ベージュなどベーシックなカラーを選ぶ傾向にあります。

さまざまな色を取り入れることで華やかさや若々しさを演出できますが、黒や白といったベーシックな色は落ち着いた大人女性の雰囲気を作るのに最適です。

20代・30代との違い②取り入れる素材

20代・30代の女性は、素材よりもデザイン性や価格重視でアイテムを選ぶケースが多いですが、40代・50代は上質な素材にこだわる方も少なくありません。

例えば、一張羅のセットアップスーツを持っていたり、バッグ・シューズ・アクセサリーなどに上質な素材や高価なものを取り入れたりして、上品さや大人っぽさを演出しています。

また40代・50代の方は、素材の品質にこだわるだけでなく、取り入れるアイテムやコーデにも上品見えを意識している方が多いでしょう。

20代・30代との違い③仕上がりの雰囲気

20代・30代のオフィスカジュアルコーデは、若々しく見える一方でカジュアル要素が強すぎて幼く見えてしまうことがあります。

40代・50代は、仕上がりが幼く見えないようにシンプルできれいめなアイテムを選び、大人っぽく上品な雰囲気作りを意識している方が多いでしょう。

取り入れるアイテムやカラー以外に、シルエットにもこだわって大人女性に見えるコーディネートを心がけてみてください。

40代・50代のオフィスカジュアルのNGポイント

手でバツを作るスーツの女性

ここまで40代・50代ならではのオフィスカジュアルコーデのポイントや20代・30代との違いについてご紹介してきましたが、年齢によって気をつけなければならないポイントも違ってきます。

そこでここからは、40代・50代のオフィスカジュアルにおけるNGポイントについてご紹介してきますので、ぜひ参考にしてみてください

NGポイント①露出が激しいコーデは避ける

40代・50代のオフィスカジュアルコーデは、上品さや大人っぽさがポイントになりますので、肩や胸元が開いているような露出が激しいコーデは避けましょう。

また、丈の短いスカートもオフィスや商談といったシーンには適さないとされていますので、オフィスカジュアルコーデに取り入れないのが無難です。

スカートを穿く場合は、マキシ丈やヒザ下丈のものを選ぶのが良いかと思います。

NGポイント②派手なカラーや柄は控える

ビビッドカラーや蛍光色といったカラーやアニマル柄などの派手なアイテムは、幼く見えたりカジュアル感が強く出てしまったりするため控えましょう。

40代・50代女性の方は、黒・白・グレーといったベーシックなカラーを基本に、ネイビー・ベージュ・ブラウンといった落ち着いた色を取り入れるのがおすすめです。

また柄やプリントが施されたアイテムよりも、無地のシンプルデザインのものを選んだほうが大人っぽく落ち着いた印象を与えられます。

NGポイント③サイズが合っていないものを選ばない

カジュアルファッションではオーバーサイズのものが流行っていますが、オフィスカジュアルでは大きいサイズはカジュアルになりすぎるため避けたほうが無難です。

さらに、サイズ感やコーデ次第では体型を大きく見せてしまうこともありますので、自分の体型に合ったものを選ぶようにしましょう。

またタイトなシルエットの場合、ボディラインが強調されてしまったり窮屈でしんどくなったりする場合もありますので、普段のサイズより小さいサイズを選ぶのもNGです。

40代・50代女性のオフィスカジュアルのコーデ

オフィスカジュアルの女性

40代・50代女性の方は、今回ご紹介したオフィスカジュアルのポイントを押さえて、ぜひコーディネートを組んでみてください。

しかし、実際にどのようにコーディネートしたらいいのか分からないという方もいると思いますので、ここからは実際のコーデ例をご紹介していきたいと思います。

コーデ①ベーシックカラーできれいめに

大人っぽくきれいめなコーディネートにしたいという方は、ブラックやグレーなどベーシックなカラーでまとめるのがおすすめです。

明るめのグレーのセットアップスーツは、スタイリッシュできれいめに見えるだけでなく、落ち着いた大人女性の雰囲気も演出してくれます。

また明るいグレーを採用している分インナーやシューズに黒を取り入れることで、全体がグッと引き締まってまとまりのあるコーディネートに仕上げることが可能です。

コーデ②黒コーデで上品さを演出

上品に見えるコーディネートをしたい場合は、黒を中心にコーディネートを組むことで高級感やエレガントさを演出できます。

アクセサリーやシューズなどの小物を取り入れたり、光沢感のある素材のアイテムを合わせたりすることで、より上品な印象を与えられるでしょう。

写真はオールブラックコーデですが、スカートを選ぶことで重くなり過ぎず大人女性の雰囲気を見事に演出しています。

コーデ③ワンピースで大人可愛い印象に

大人っぽさも出しつつ可愛らしさも演出したいという方は、カラーやアイテムの組み合わせを意識してみるとよいでしょう。

例えば、写真のように黒のワンピースであれば、落ち着いた大人女性の印象を与えつつ、スカートのシルエットによって可愛らしさを演出できます。

またベージュのジャケットを羽織れば、温かみのある優しい雰囲気を出すことが可能です。

コーデ④カラーを取り入れて華やかさを出す

「シンプルで大人っぽいコーディネートをしたいけど華やかさも出したい」という方は、落ち着いた色味のカラーを取り入れることをおすすめします。

例えば写真のように少し暗めのブルーを選択すれば、華やかに見えるけどどこか大人っぽい落ち着きのある印象を演出することが可能です。

ブルー以外にも、カーキやマスタード、ラベンダーなどのニュアンスカラーは、派手になり過ぎずに大人女性の華やかさを出したいときにおすすめのカラーとなっています。

40代・50代のレディースオフィスカジュアルのコーデ術まとめ

黒のジャケットを着る女性

40代・50代女性がオフィスカジュアルコーデをする場合、以下のようなポイントを押さえてコーディネートを考えると良いです。

  • 社内の雰囲気にマッチしている
  • 上品で清潔感のある服装
  • 仕事の邪魔にならないコーデ

また40代・50代のオフィスカジュアルは、20代・30代と比べると落ち着いた色使いや上質な素材を取り入れる傾向にあります。

さらに上品で大人っぽい仕上がりになるように、シルエットなども意識しながらコーディネートすると良いでしょう。

そのため、40代・50代のオフィスカジュアルにおいては、派手なカラー・柄や露出の多いアイテム、サイズの合っていないものは避けたほうが無難です。

自分の体型に合わせて、上品できれいめなオフィスカジュアルコーデをしたいという方は、ぜひダンカンのレディースオーダースーツをご利用ください。

人気のローライズや定番のスカートなど、自由にカスタマイズすることが可能ですので、この機会に自分だけのオリジナルスーツを作ってみませんか?

ダンカンのレディーススーツのオーダーはこちら

WEB予約はこちらから

近くの店舗を探す

ただいま開催中のセール情報SALE INFORMATION

  • SUMMER COLECTION

     SUMMER COLECTION 開催中

  • 春夏新柄 特別大目玉

    2022.5.20(金)~6.5(日)春夏新柄 特別大目玉 開催中

  • 2PANTS SALE

     2PANTS SALE 開催中

お近くの店舗はこちらからお探しください。