DANKAN コラムDANKAN MAG

女性のスーツの選び方とは?スーツのカラーで与える印象が変わる

女性のスーツの選び方とは?スーツのカラーで与える印象が変わる

最近ではオフィスカジュアルOKの会社が増えているものの、営業など職種によってはスーツを着用しなければならないケースも多いです。

これまでスーツを着る仕事をしたことがない方にとっては、どんなスーツを選べばいいのか分からないという方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、女性のスーツの選び方についてサイズやカラー別にご紹介しながら、ビジネスシーンにおけるレディーススーツの着こなしポイントについてもお話していきます。

ビジネスシーンにおいてスーツ選びは重要

ミーティング中の女性社員たち

たくさんの女性が社会で活躍する世の中になり、女性もスーツを着て働くことが増えましたが、みなさんの中にはスーツの選び方や着こなし方が分からないという方もいるのではないでしょうか。

「とにかくスーツを着ていれば大丈夫」というわけではなく、ビジネスシーンにおいてはどのようなスーツを選ぶかという点がとても重要です。

ではビジネスシーンにおけるスーツ選びは、どのような点で重要なのでしょうか?

ビジネスシーンは第一印象が重要

ビジネスシーンにおいては、仕事に対する知識や技術だけでなく第一印象がとても重要で、身だしなみやコミュニケーション能力やマナーなど、意識しなくてはならないことがたくさんあります。

その中でも第一印象を左右するポイントが「見た目」で、自分に合ったスーツを選べているか、スーツを正しく着こなせているかといった点が大切です。

特に女性に関しては、男性よりも見た目を重視される傾向があるため、きちんとスーツを選ぶことで第一印象が良くなり仕事もやりやすくなるでしょう。

職種にもよりますがオフィスカジュアル可の職場であれば、カジュアル過ぎず堅過ぎない適度な着こなしをすることで好印象を与えられる可能性が高まります。

好印象を与えるスーツ選びをすることも大切

ビジネスシーンで他の社員や取引先の方に好印象を与えるためには、「清潔感」を意識したスーツ選びや着こなしをすることも大切です。

正しく着こなせていないと清潔感が損なわれて見えてしまい、相手に「だらしない人だ」という印象を与えかねません。

結果として「この人は仕事ができなさそうだ」といった印象にもつながる恐れがありますので、清潔感を意識したスーツの選び方・着こなし方をしましょう。

清潔感のある着こなし方をするためには、普段からジャケットやシャツにシワがないか、ストッキングが伝線していないか、靴に汚れが付いていないかなど気にしておくことも大切です。

レディーススーツのサイズの選び方

オフィスで働く女性

サイズが合っていないレディーススーツを着ていると、良くない印象を与えてしまう可能性がありますので、自分の身体に合ったサイズを選びましょう。

レディーススーツのサイズの選び方としては、肩幅・着丈・袖丈などを気にすることが大切ですので、以下で詳しく解説していきます。

ジャケットのサイズの選び方

ジャケットを選ぶ際に特に重要なポイントが「肩幅のサイズ」で、ゆとりがあり過ぎるジャケットだとだらしなく見えてしまうので気をつけましょう。

反対に自分の肩幅よりも小さいサイズを選んでしまうと、窮屈で動きづらくなるため仕事の妨げになってしまいます。

ジャケットを選ぶ際は、実際に試着してみて腕を上下左右に動かしてみたり仕事をするときにしそうな動きをしたりして、仕事に差し支えなく動かせるか確認してみてください。

また女性がジャケットを着る場合は、ボタンをすべて留めるのが一般的なマナーですので、ボタンを留めた場合のサイズ感や動きやすさなども忘れずに確認しましょう。

特にバスト周りのサイズ確認は重要で、ボタンを留めた際にバスト周りが窮屈だと横ジワが生じる場合がありますので、シワが生じないサイズを選ぶのが望ましいです。

他にもジャケットの適切なサイズは合わせるボトムスによって変わり、パンツの場合はお尻が隠れる程度の丈、スカートの場合はやや短めの丈がよいとされています。

ボトムス(スカート)のサイズの選び方

        女性用スーツの場合、ボトムスの選択肢としてスカートとパンツがあるため、それぞれの適切な選び方について把握しておくことが大切です。

        スカートを選ぶ場合、基本的にはタイトスカートを選ぶのが無難とされていますが、最近では裾が広がっているフレアスカートも増えつつあります。

        丈に関しては、短過ぎて露出度が高いものはビジネスシーンが好ましくないため、立っているときにヒザにかかるくらいの長さを選ぶとよいでしょう。

        ただし身長が低めの方は、ヒザより少し上くらいの丈を選んだほうが全体的にバランスが良いとされています。

        またタイトスカートは、座った際に肌が見える部分が多くなりますので、座ったときに膝上10cm以内に収まるくらいのサイズ感が目安です。

        タイトスカートを穿いたときに腰回りが窮屈だと、動きにくかったり動く度に上にずり上がってきたりすることがあるので、試着した際に実際にかがんだり座ったりしてサイズを確認しましょう。

        ボトムス(パンツ)のサイズの選び方

        スーツに合わせるボトムスにパンツを選ぶ際は、テーパードパンツやストレートパンツ、フレアパンツなどさまざまな選択肢があります。

        パンツは、スカートと比べてアクティブな印象を与えますので、営業など移動が多い仕事などにおすすめのボトムスです。

        パンツの場合は、合わせる靴によって最適な丈が異なるため、一度試着をしてみて必要に合わせて裾直しをしてもらいましょう。

        基本的には、足の甲に裾が触れるか触れないかくらいの丈感が良いとされていますが、パンツのタイプによって具体的な長さが違いますので、具体的なベストな丈はスーツ専門店のスタッフなどに相談することをおすすめします。

        レディーススーツのカラーの選び方

        白のジャケットを着る女性

        レディーススーツには、いろんなデザインやカラーのものがありますが、基本的にはブラックやグレーなどベーシックなカラーを選ぶのが無難です。

        しかしさまざまなカラーを取り入れることで、女性らしい華やかな印象を与えられたりおしゃれ見えさせたりできるので、自分に合ったカラーのスーツを選ぶとよいでしょう。

        そこでここからは、カラー別に人に与える印象をご紹介していきますので、自分が作りたいイメージと照らし合わせながらスーツ選びの参考にしてみてください。

        ブラック・ライトグレー・ホワイトが与える印象

        まずは、ベーシックカラーであるブラック・ライトグレー・ホワイトの3色が与える印象とそれぞれがどういった方におすすめなのかご紹介していきます。

        ブラックは、冠婚葬祭などフォーマルシーンで着られることが多いカラーでしたが、最近ではビジネスシーンでも着用している方が多いです。

        ブラックは、「高級感・エレガント・スタイリッシュ」といった印象を与えることができ、見た目も気持ちも引き締まるような気持ちになりやすいでしょう。

        ライトグレーは、「都会的・クール・洗練された」といったイメージがあり、「スマートな印象を作りたい」「そつなく仕事をこなせる印象を作りたい」という方におすすめです。

        ホワイトは、「清潔・軽やか・純粋」といったイメージがあり、明るくポジティブな印象や何色にも染まっていない高貴な印象を与えられるでしょう。

        ネイビー・ベージュ・ブラウンが与える印象

        続いては、スーツのカラーの中でも比較的人気の高いネイビー・ベージュ・ブラウンの3色が与える印象とそれぞれのカラーがおすすめな人についてご紹介します。

        ネイビーには「誠実・真面目・知的」といったイメージがあり、さまざまなビジネスシーンで着用されるケースが多いカラーです。

        仕事で初めての人と会う場合や誠実さが大切な金融業界などに勤めている方には、おすすめのカラーといえるでしょう。

        ベージュは、「温かさ・優しさ・上品さ」といったイメージを感じさせるため、柔らかい印象を与えたい、品良く見せたい方におすすめのカラーです。

        ブラウンは、「安心感・大人らしさ・落ち着き」といった印象があり、シックで落ち着いた印象を作りたい、相手に安心感を抱いてもらいたいなどのシーンで着用するとよいでしょう。

        ブルー・グリーン・レッドが与える印象

        職場の服装規定でスーツのカラーに制限がない場合は、ブルーやグリーン、レッドといったカラーも選択肢の1つに入ると思います。

        では、ブルー・グリーン・レッドの3色が与える印象とそれぞれのカラーがおすすめの人としては、どういったものが挙げられるのでしょうか?

        まずブルーは、「清潔感」「爽やかさ」「若々しさ」といった印象を与えるのに効果的なカラーで、派手過ぎないオシャレ感を演出することができます。

        グリーンが持つイメージとしては、「堅実さ・穏やかさ・」などが挙げられ、若い方が着ると大人っぽい落ち着いた印象を与えることができるでしょう。

        レッドは、「華やかさ・アクティブさ・情熱的」といった印象があるため、取引相手などにアクティブで元気な印象を与えたい方や熱い印象を与えたい方におすすめです。

        ビジネスシーンにおけるレディーススーツの着こなしポイント

        提案中のビジネスウーマン

        ここまでレディーススーツの選び方について、サイズ別・カラー別にご紹介してきましたが、実際にスーツを着る際はどのようなポイントを意識して着こなせばよいのでしょうか?

        ここからは、ビジネスシーンにおけるレディーススーツの着こなしポイントについてご紹介していきます。

        シンプルなブラックカラーをカジュアルに

        新入社員の方や新しい会社に転職した方は、シンプルなブラックカラーのスーツを選べば会社の雰囲気から浮く心配もなく、印象が悪くなることもないでしょう。

        シンプルなブラックカラーのスーツは、エレガントでスタイリッシュな印象がありますのでかっこよくスーツを着こなすことができます。

        またストライプの柄には「ドレッシー・信頼感」といった印象があり、落ち着いた雰囲気の中にドレッシーな雰囲気を演出することが可能です。

        鮮やかなブルーのスーツで爽やかな印象に

        ターコイズブルーのような鮮やかなブルーは、爽やかで清涼感あふれる印象で明るく活発な雰囲気がありますが、それでいて上品で落ち着いた感じがあります。

        少し個性的な自分を演出できるだけでなくオシャレ見えにもつながりますので、仕事で初対面の方と会って印象を残したいときにはぴったりなカラーといえるでしょう。

        インナーにスーツよりも少し暗めのブルーを取り入れていることで、落ち着いた印象を作りつつ全体的に統一感がある仕上がりになっています。

        グレーベースのグレンチェックでスマートさを演出

        「都会的・クール・洗練された」などのイメージがあるグレーカラーをベースとしたグレンチェックのスーツは、気品や知性を感じさせるスマートでオシャレな印象です。

        グレンチェックは、紳士の国である英国の伝統的な柄でメンズライクな雰囲気を演出したい場合にはぴったりといえるでしょう。

        同じグレンチェックでも選ぶカラーによっては、また違った印象を作ることができます

        女性用スーツの選び方と着こなしポイントまとめ

        日光を浴びるビジネスウーマン

        見た目の印象が重要視されるビジネスシーンにおいては、スーツの選び方や着こなし方が大切なので、サイズやカラーにこだわって自分に合うスーツを選びましょう。

        最近では、ゆとりのあるサイズも人気となっていますが、大き過ぎるものはだらしなく見えてしまう可能性があるので注意が必要です。

        反対に自分の身体より小さいサイズを選んでしまうと、仕事の妨げになるかもしれませんので、自分のサイズに合ったスーツを着ることがポイントになります。

        またスーツのカラーによっても、人に与える印象が大きく変わってきますので、自分の職種や相手に与えたい印象などを考慮して選びましょう。

        もし自分の身体に合ったサイズのスーツが見つからない、どんなカラーが似合うか分からないという場合はダンカンへご相談ください。

        ダンカンでは、レディースオーダースーツにも対応しておりますので、一人ひとりのサイズやこだわりに合ったスーツをお作りいただくことが可能です。

        さまざまなタイプのジャケットやボトムス、ボタン、裏地などからお好みのものを選んでいただき、自分だけのオリジナルスーツを作ってみませんか?

        ダンカンのレディーススーツのオーダーはこちら

        WEB予約はこちらから

        近くの店舗を探す

        ただいま開催中のセール情報SALE INFORMATION

        • SUMMER COLECTION

           SUMMER COLECTION 開催中

        • 春夏新柄 特別大目玉

          2022.5.20(金)~6.5(日)春夏新柄 特別大目玉 開催中

        • 2PANTS SALE

           2PANTS SALE 開催中

        お近くの店舗はこちらからお探しください。