DANKAN コラムDANKAN MAG

着心地の良いスーツとは

着心地の良いスーツとは
社会人になると、スーツを着る機会は格段に増えます。会社勤めの人なら、多くの場合にほとんど毎日スーツで過ごすことになります。だからこそ、スーツはきちんと選びたいものです。
スーツを選ぶとき、見た目は大きなポイントです。キレイ、あるいは格好良いデザインであるかはもちろん、安っぽく見えないかも大切です。とはいえ、スーツを選ぶ際には着心地も同じくらい注目することが大切です。毎日着るからこそ、着心地が悪ければ疲れてしまいます。
そこで今回は、着心地の良いスーツについてご紹介します。

スーツは肩で着る

スーツは肩で着る
着心地の良いスーツとは、自分の身体にぴったりとフィットしたものであるといえます。大きすぎるスーツはごわごわし、逆に小さすぎると窮屈であるため、決して着心地が良いとはいえません。自分に見合ったサイズのスーツを選ぶためのポイントは、肩です。
スーツのサイズ感を表現する言葉として、「スーツは肩で着る」というものがあります。この言葉が示すように、肩のサイズが合っているかどうかは、自分に見合ったサイズのスーツであるかを見極める大きなポイントとなります。肩のサイズが合っているかは、スーツの肩の部分をつまむことである程度判断することができます。肩をつまんで1cm程度のゆとりがある状態が、ベストなサイズです。これよりも大きくつまめる、あるいはほとんどつまめない場合などは、サイズが合っていないスーツだといえます。

着心地の良いスーツを選ぶポイント

着心地の良いスーツを選ぶポイント
前述したように、着心地の良いスーツはどれだけ身体にフィットしているかが重要です。肩のサイズ以外にも、以下のようなポイントに注意しましょう。

・ジャケットのウエストサイズ

ジャケットがぶかぶかだったりきつすぎたりすると、着心地が良いとはいえません。ベストなサイズは、ボタンを留めた状態でこぶしひとつが入るサイズです。

・背中のシワ

ジャストサイズよりも細いサイズのスーツを着ていると、自然に立っていても背中にシワができます。このシワはツキと呼ばれるもので、これが出ていればサイズが合っていない証拠です。

・パンツのウエストサイズ

ジャケットだけでなく、パンツの着心地にも注目しましょう。ウエストがきつすぎてもいけませんが、ぶかぶかすぎても着心地が良いとはいえません。パンツのウエストサイズは、掌ひとつ分のゆとりがあるのがベストサイズです。

ぴったりフィットした着心地の良いスーツはオーダースーツで決まり!

着心地の良いスーツは、自分のサイズにぴったりフィットしていることが条件です。とはいえ、既成品のスーツではぴったりのサイズに近づけることはできても、ジャストフィットしたものを見つけることはできません。既成品は標準的な体型を基準として作られているため、自分のサイズにぴったり合わせることは困難であるといえます。
もしも本当に着心地の良い、ジャストフィットするスーツが欲しいのであれば、オーダースーツがおすすめです。オーダースーツであれば自分の寸法にぴったり合わせたスーツを作ることができるため、既成品にはない着心地の良さを体感することができます。また、好みの生地や柄を選ぶことができるので、見た目にも気に入るものを作ることができます。
格好良さや着心地の良さを追求するなら、オーダースーツで決まりです。

ただいま開催中のセール情報SALE INFORMATION

  • オーダーコートフェア

    2019.7.26(金)~8.31(土)オーダーコートフェア 開催中

  • 秋冬物新柄SALE

    2019.8.23(金)~9.17(火)秋冬物新柄SALE 開催中

  • 2PANTS SALE

     2PANTS SALE 開催中

お近くの店舗はこちらからお探しください。