1. TOP
  2. ダンカンとは?

ダンカンとは?
ABOUT US

ダンカンの歴史

1978年、福岡は博多、下川端町という場所でダンカンは創業しました。
ここは古くから九州の水際の地ということで、流通の拠点として栄え、江戸末期には泊屋、代呂物店、呉服屋といった様々な商屋が立ち並び繁栄を極めました。そして戦後には繊維卸問屋街として一時代を築きます。
そんな博多織屋の香りがかすかに残る地で、弊社は紳士服オーダー専門店の看板を掲げました。
創業当初は、特定の店舗を持たず、いわゆるクローズドマーケット(法人専用向け販売)で徐々に販路を確立していき、そしてついに、87年の秋、小売店1号となる福重店を開店し、幾多の曲折を経て現在に至ります。

反物仕入れのこだわり
PARTICULAR ABOUT

ダンカンでは、シーズンごとに専属バイヤーがヨーロッパへ赴き
直接、生地の仕入れを行っております。

直接買い付けているからこその低コストと高クオリティー

通常多く行われているようなブティックや、オフィス内で商談を行うのではなく、はた織り工場や反物倉 庫へ直接足を運び、一反一反、この目で厳選し買い付けを行っています。
こうしたエージェントを通さない仕入れのため、当然、生 地はカットなどされていない巻芯に巻かれたそのままの反物の状態なのです。その代わり、一般市場に比べかなり安く仕入れられるのです。

時間と手間が弊社の「歴史」と「誇り」です

今やほとんどのスーツオーダーショップは、バンチブックと呼ばれる見本帳やスワッチで生地を選ぶようになっ ており、弊社のように、お店に現物の生地を置いている店はとても珍しくなりました。
お客様が、実際に手に取って、肩にかけ、顔映りを見ていただく、手間も時間も場所もかかるこの”反物仕入 れ”は、こうして卸売業者としてスタートし今日まできたダンカンの歴史と誇りそのものなのです。

なぜ、オーダースーツなのに低価格で販売できるのか?

生産ルート他社比較

生産ルート他社比較表

卸売り業者とし事業をスタートした弊社は、反物仕入れのこだわりのと ころでも書かせていただいた通り、中継業者を通さない、独自の仕入れ流通ルートを確立しており、生地の原価を大幅に抑えることが可能となりました。

クローズドマーケットによる低コストの実現

創業当初弊社が行っていたクローズドマーケットというのは、一般的に諸経費などが圧縮できるため、一般流通価格より安く商品を提供できるという性質があります。
こうした職域販売事業の経験を長年積んでいたことで、低コストでも商品に惜しみなくコストがかけられる生産システムが弊社で確立できていたことも大きいといえるでしょう。
また、弛まぬ工場開拓の結果、コストに優れた質の良い縫製工場数社と提携していることも、低価格を支えている大きな理由の一つです。
2014年には新たに国内縫製工場を自社専用工場として稼働させ、より安定した生産 体制を整えることができました。

page top