DANKAN コラムDANKAN MAG

オフィスカジュアルとは?レディースの着こなし方を年代別にご紹介

オフィスカジュアルとは?レディースの着こなし方を年代別にご紹介

一昔前と比べてここ最近では、オフィスでのドレスコードの自由度が高い企業が増えつつあります。特にレディースのオフィスカジュアルに関しては、働きやすいかどうかに加えて「おしゃれ」という観点からアイテムを選ぶ方も少なくありません。

しかし、オフィスカジュアルOKの会社に初めて転職した方やこれから新社会人として自由度の高いドレスコードの会社で働く方にとっては、どのような着こなし方をすればいいのかわからないという方もいるでしょう。

そこでこの記事では、レディースのオフィスカジュアルの着こなし方やNG例、さらに職種別、体型別にも着こなし方をご紹介していきたいと思います。

レディースのオフィスカジュアルとは?

少しずつ働き方の多様化が進んで、働くときの服装に関しても自由度が高くなりました。会社によってはドレスコードに広い幅をもたせていて、よりおしゃれを意識した服装で働けるところも多いです。

とはいえこれまでスーツや普段着のような格好で働いていた方からすれば、「オフィスカジュアルってどんな服装だろう?」と気になる方もいると思います。

まずは、レディースのオフィスカジュアルとはどういった服装のことなのかという点について知っていきましょう。

レディースのオフィスカジュアルには明確なルールがない

レディースのオフィスカジュアルが認められている会社であれば、スーツのみの会社と比べて自由度が高く自分らしい服装で働くことができます。

しかし「オフィスカジュアルはこういう服装です」といった明確なルールがあるわけではなく、「清潔感があってオフィスで浮かない程度のカジュアルスタイル」のような曖昧なものです。

メンズのオフィスカジュアルと比べてもアイテムの幅が広い

一般的なファッションの場合、メンズと比べてレディースの方がアイテムやコーディネートのバリエーションが多いですが、オフィスカジュアルに関してもメンズよりレディースの方がアイテムの幅が広い傾向にあります。

そのため、メンズよりもオフィスカジュアルの定義付けが難しく、さらに企業や職種によってもOKラインが異なるので、何を着ればいいのかわからず悩んでしまう方が多いです。

とはいえ職場で着る服ですから、できるだけシンプルで浮かないもの、また清潔感があって周りに不快感を与えないものが好ましいといえます。

ビジネスカジュアルとオフィスカジュアルとの違い

オフィスカジュアルという言葉は、みなさんの耳にも馴染みがあると思いますが、似た言葉にビジネスカジュアルという言葉があるのをご存知でしょうか。

何となく言葉の意味について理解はできても、具体的にどういった違いがあるのかわからないという方もいると思います。

ここからは、オフィスカジュアルとビジネスカジュアルの違いについてご紹介していきますので、その違いを知ってオフィスでの着こなし方の参考にしてみてください。

来客対応や取引先往訪があるかどうか

オフィスカジュアルとビジネスカジュアルの大きな違いとしては、「来客対応や取引先往訪があるかどうか」という点です。

どういうことかというと、オフィスカジュアルに関しては、基本的に来客対応や取引先往訪などお客さんなどと会う機会がない職場向きの服装になります。

一方のビジネスカジュアルは、来客対応をすることもあれば取引先に赴くこともある職場向きの服装になるため、そういった意味では着こなし方にも違いが出てくるでしょう。

ビジネスカジュアルとオフィスカジュアル、着こなし方の違い

オフィスカジュアルに関しては、基本的に取引先やお客さんと会うわけではないので、自分が働きやすい服装や社内で浮かないような服装が望ましいとされています。

会社のドレスコードによって線引きが異なるので、ジーンズやパーカーOKのところもあればNGとしているところもあり、事前に服装規定を確認しておく必要があるでしょう。

反対にビジネスカジュアルに関しては、取引先や来客対応のある職場で求められる服装なので、露出が高すぎないことやスーツスタイルからドレスダウンした程度の服装が好ましいです。

レディースにおいてはその違いが曖昧になっている

ビジネスカジュアルとオフィスカジュアルの一般的な違いについてご紹介しましたが、レディースにおいてはその違いが曖昧になっています。

やはりレディースファッションに関しては、メンズよりもバリエーションが豊富ということもありますし男性よりも柔らかい印象がありますので、それほど厳しいルールが設けられているわけではないようです。

TPOをわきまえた適切な服装であれば、ビジネスカジュアルもオフィスカジュアルもそれほど気にしなくてもよいでしょう。

こんなレディースのオフィスカジュアルはNG

オフィスカジュアルは、職場でのファッションコーディネートにバリエーションをもたらすことができるので、おしゃれ好きな女性からすれば嬉しい点もたくさんあるでしょう。

しかしオフィスカジュアルと言っても、どんな服装をしてもいいというわけではありません。使用するアイテムや着こなし方などにもNGがありますので、注意してコーディネートする必要があります。

ここからは、レディースのオフィスカジュアルのNGポイントについてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

NG例①露出が多い、ボディラインが出過ぎる

レディースのオフィスカジュアルのNGポイントとしては、まず露出が多いものやボディラインが出過ぎるものです。社内や取引相手の方が目のやり場に困ってしまうような着こなしは、避けるようにしましょう。

ビジネスの場においては、レディース感が出過ぎるものは避けたほうが無難です。二の腕やデコルテが出る服装を着る場合は、上からカーディガンを羽織るなどしてフォローしましょう。カーディガンを持っていれば、オフィスの空調対策にもなります。

ボトムスに関してもスカートを穿いても問題ありませんが、膝下丈を選ぶなど長さには注意をするようにしてください。

NG例②アイテムの色使いが派手でカジュアル過ぎる

オフィスカジュアルにおいては、胸元に大きなロゴやグラフィックがあしらわれたTシャツやトレーナー、パーカーなどはカジュアル過ぎるので避けたほうがよいです。また色使いが派手過ぎると社内で浮いてしまうこともあるので、色使いには注意しましょう。

会社によっては、デニムアイテムの着用を認めているところとそうでないところがあります。その日に来客対応などがあるかどうかなどから、着用するか判断するのも一つの方法です。

デニムアイテムが認められている場合も、ダメージ加工が施されたものやシルエットが太すぎるものはだらしなく見える場合があるので避けましょう。

とはいえレディースのオフィスカジュアルに関しては、それほど厳しいルールが設けられていないケースが多く、ジーンズなどのアイテムを取り入れるのも一つの着こなし方法です。

ダンカンでは、オーダージーンズも取り扱っていますので、自分の理想のデザインやシルエットにこだわったジーンズを作ることができます。オフィスカジュアルにも合わせやすくオシャレに着こなしていただけますので、ぜひこの機会にご検討ください。

ダンカンのオーダージーンズはこちら

NG例③仕事に支障が出るようなアイテムの着用

レディースのファッションアイテムの中には、さまざまな飾りがほどこされたものも多くあります。しかしビジネスシーンにおいては、装飾が仕事の邪魔になる可能性があるので注意が必要です。

会社によっては、効率性や生産性が求められることもありますので、仕事に支障が出るようなアイテムではなく、スムーズに業務ができるような服装をチョイスしましょう。

これさえ押さえておけば大丈夫!アイテム別オフィスカジュアルの着こなし

オフィスカジュアルは、「会社の雰囲気に合っているか」「自分自身が働きやすいか」といったことも大切ですが、レディースに関しては「おしゃれかどうか」も重視したいところです。

そこでここからは、レディースのオフィスカジュアルの着こなし方についてアイテム別にご紹介していきます。

トップスの定番はシャツやブラウス

レディースオフィスカジュアルの定番アイテムとしては、やはりシャツやブラウスなどがあげられます。中でもブラックやホワイト、ネイビー、ベージュ、カーキといったベーシックなカラーのアイテムがおすすめです。

シンプルなものだと大人女性の雰囲気を演出することもできますし、清潔さもあるので社内やお客さんと会うときも安心感を与えることができるでしょう。

ちょっとした個性を加えたい場合は、袖や襟部分に仕事の邪魔にならない程度のデザインがほどこされたものを選ぶのもよいです。

羽織りアイテムがあればノースリーブもおすすめ

オフィスカジュアルにおいては、基本的にノースリーブは避けるのが無難ですが、夏場など暑い時期はやはりノースリーブを着たいところです。そういったときは、カーディガンやジャケットなど羽織りアイテムを活用することで露出度を抑えることができます。

またノースリーブアイテムもカジュアル度を抑えるために、ブラウスやローゲージニットなどをチョイスすると、よりオフィスカジュアル向きのコーディネートになるでしょう。

ボトムスの定番はテーパード

レディースオフィスカジュアルでボトムスを選ぶのであれば、テーパードなどのアイテムが定番です。やはりビジネスシーンにおいては、あまりボディラインが出過ぎない服装が良いので、ゆとりのあるシルエットをおすすめします。

またテーパードパンツは、コンパクトなトップスと相性が良く組み合わせやすいですし、トップスインをしたスタイルもできるので使いやすいアイテムです。バランスの良い大人のオフィスカジュアルスタイルを作れます。

センタープレスやタック入りできちんと感を演出

パンツを選ぶときは、センタープレスやタック入りのアイテムを選ぶのがベターです。センタープレスやタック入りパンツは、見た目としてもきちんと感を演出することができます。

さらに縦ラインが入っていることで脚長効果や美脚見えも期待できますし、好印象を与えるオフィスカジュアルをしたい場合にはおすすめです。

ダンカンでは、レディーススーツも取り扱っており、パンツやスカートなどお好みに合わせてカスタマイズしていただくことができます。

美しいシルエットを作り出せますので、自分に合ったサイズのスーツがないと悩んでいた方でもぴったりなスーツを着ていただくことが可能です。

ダンカンのレディーススーツのオーダーはこちら

年代別  オフィスカジュアルの着こなし

オフィスカジュアルは、露出やボディラインが出過ぎること、派手な色使いでカジュアルになり過ぎないこと、仕事に支障が出るような飾りが付いていないことなどに注意して着こなしていきましょう。

また人によっては、ご自身の年齢に見合ったコーディネートをしたいと考えている方もいると思います。ここからは、年代別にレディースオフィスカジュアルの着こなし方についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

20代|レディースのオフィスカジュアルの着こなし方

20代女性の方は、まだ入社したてだったり会社に馴染んでいなかったりする場合が多いと思いますので、目立ち過ぎる服装は避けるようにしましょう。研修期間中などは、会社が問題なければスーツで出勤しても問題ありません。

周りの様子を伺いながら、先輩や同僚の服装を参考にして少しずつオフィスカジュアルスタイルに移行していくとよいでしょう。

カラーもブラックやホワイト、ネイビー、ベージュなどベーシックなカラーがおすすめです。シンプルかつ清潔感のある着こなしを意識すれば20代の方は大丈夫です。

30代|レディースのオフィスカジュアルの着こなし方

30代女性になるとビジネスマナーも身に付き、会社の雰囲気にも慣れてきた頃だと思います。大人の女性としての雰囲気を演出しながら、社会人マナーなどを考慮した服装が求められるでしょう。

また人によっては、来客対応や取引先へ往訪することもあるかと思いますので、カジュアル過ぎる服装は避けて、少しフォーマル寄りでコーディネートを組んだ方が良いかもしれません。

コンサバファッションなど、大人の落ち着いた女性を感じさせる着こなし方もおすすめです。

40代|レディースのオフィスカジュアルの着こなし方

40代女性に関しては、人によって役職に就いている可能性もありますので、品位や威厳を感じさせる服装を意識するとよいでしょう。あまり主張の激しい服装は避けて、素材そのものの質の良さなどにこだわるのも一つの方法です。

また個人的な趣向を盛り込むよりは、社会性を重視してコーディネートを組んだ方が会社では好まれるかもしれません。

きつい印象を与えたくないという方は、柔らかく優しい印象を与えるベージュやラベンダーといったといったニュアンスカラーを取り入れるのもおすすめです。

職種別  レディースのオフィスカジュアルの着こなし

レディースのオフィスカジュアルは、年齢別に着こなし方を変えることも大切ですが、職種によっても変えたほうがよい場合があります。

そこでここからは、職種別にレディースのオフィスカジュアルの着こなし方について確認していきましょう。

事務員など内勤の方

事務や総務といった仕事をされている方は、基本的にシンプルベーシックで清潔感のある着こなしがおすすめです。事務や総務の方は、社内外問わずさまざまな方と関わることがあります。

そのため、他の社員はもちろん来客に対しても失礼のないようにシンプルで清潔感のある服装をするのがよいでしょう。また露出の多い服装も、避けるようにしてください。

デザイナーやエンジニアなどプレイヤーの方で、お客さんと直接関わることのない内勤の方に関しては、普段着に近いような服装をしても問題ないケースもあります。

営業など外回りの方

営業など外回りの仕事をしている方に関しては、やはり取引先の会社に赴いて話をすることもありますので、どちらかといえばビジネスカジュアル(フォーマル寄り)な服装が望ましいです。

スーツほど堅苦しい格好じゃなくてもよいですが、ジャケットやブラウスなどを取り入れた服装を意識するとよいでしょう。

体型別  レディースのオフィスカジュアルの着こなし

女性にとってコーディネートをするうえで気をつけたいのが「体型カバー」という点ではないでしょうか。人によってぽっちゃり体型の方もいれば、小柄の方もいると思います。

ここからは、そういった体型別にレディースのオフィスカジュアルの着こなし方についてご紹介していきますので参考にしてみてください。

ぽっちゃり体型のオフィスカジュアルの着こなし方

ぽっちゃり体型の方は、二の腕やウエスト、脚まわりの太さが気になるという方が多いと思います。そういった方にぜひおすすめしたいのが、ロングワンピースにジャケットを合わせた着こなし方です。

スカートに広がりがあるものをチョイスすれば下半身カバーに繋がりますし、ウエスト部分にギャザーが施されたものだとウエストが引き締まって見えます。さらに上からジャケットを羽織れば、二の腕をカバーすることもできるでしょう。

色は、黒やネイビーなどくらい色を取り入れたほうが、全体的に引き締まった印象を与えることができます。

小柄体型のオフィスカジュアルの着こなし方

小柄な女性の方は、スラッと縦長に見せることができる「Iラインシルエット」を意識するとよいです。例えば、センタープレスが施されたパンツやタイトスカートはIラインを作りやすいでしょう。

他にも、縦ストライプのシャツやブラウスと合わせることで身長をカバーできます。他にもパンプスを選ぶときは、ヌーディーカラーをチョイスすると美脚効果が期待できるので取り入れてみてはいかがでしょうか。

オフィスカジュアルの年代別の着こなし方まとめ

今回は、レディースのオフィスカジュアルの年齢別・職種別・体型別の着こなし方やNG例、ビジネスカジュアルとの違いなどについてご紹介しました。

女性に関しては、男性と違ってオフィスカジュアルとビジネスカジュアルの違いは非常に曖昧に扱われており、どちらも同じ意味として扱うことも少なくありません。

レディースのオフィスカジュアルは、露出度を抑えることや派手な色使いを控えることが注意すべきポイントですが、他にも体型カバーやおしゃれさなども意識したいところです。

素敵なキャリアウーマンのような服装をしたいという方は、ぜひダンカンのレディーススーツをオーダーしてみてはいかがでしょうか。フィット感のある着心地と女性らしいシルエットを活かしたスーツを提供いたします。

ダンカンのレディーススーツのオーダーはこちら

WEB予約はこちらから

近くの店舗を探す

ただいま開催中のセール情報SALE INFORMATION

  • 吉祥寺店移転OPEN

    2021.10.07(木)~11.09(火)吉祥寺店移転OPEN 開催中

  • 秋冬物2着目半額セール(11月9日迄好評開催中)

    2021.10.20(水)~11.9(火)秋冬物2着目半額セール(11月9日迄好評開催中) 開催中

  • 大津瀬田店オープンセール

    2021.10.22(金)~11.11(木)大津瀬田店オープンセール 開催中

  • 2022年祝成人式

     2022年祝成人式 開催中

  • 2PANTS SALE

     2PANTS SALE 開催中

お近くの店舗はこちらからお探しください。