1. TOP
  2. DANKAN MAG
  3. 生地作りに欠かせない水の重要性

DANKAN MAG
COLUMN

生地作りに欠かせない水の重要性

  • twitter
  • はてなブログ
  • facebook

良質な生地産地の近くには必ず良質で豊富な水が流れています。

生地を作る際、染色する工程と洗浄する工程で多くの水を必要とし使用するその水が軟水であることが最も重要で、しかもその水が天然の軟水であることでさらに風合い良く仕上がるのです。

軟水とは、水1000L中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量が120mg/L未満の水のことで、2つの成分(カルシウムとマグネシウム)は色素と結合する性質があるため、本来生地を染めるはずの色素が洗浄した際にの2つの成分(カルシウムとマグネシウム)と結合してしまい沈殿物として出てしまうのです。

というわけでカルシウムとマグネシウムを多く含む硬水は毛織物には不向きということになります。

new_ssss

イタリアのビエラ、イギリスのハダースフィールド、日本の尾州が世界三大生地産地と言われています。

※尾州 ・・・ 愛知県の一宮市、稲沢市、津島市、江南市、名古屋市、岐阜県羽鳥市

世界の有名ブランドであるゼニア、ロロピアーナ、カノニコ、テーラー&ロッヂ

日本3大毛織ブランドである御幸毛織、大同毛織、長大毛織。

これらの国内外有名ブランド生地も全て良質で豊富な水の恩恵を受けて作られているのです。

Share This

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
page top