1. TOP
  2. DANKAN MAG
  3. 季節感のあるスーツ選びの大切さとは

DANKAN MAG
COLUMN

季節感のあるスーツ選びの大切さとは

  • twitter
  • はてなブログ
  • facebook
日本には四季があり、それぞれの季節で気候は大きく異なります。そのため、季節の変わり目には衣替えを行い、季節に合わせた衣服を身につける必要があります。
スーツにおいても同様です。オールシーズンで着られるものもありますが、それぞれの季節に合わせたスーツがあるのです。とはいえ、オールシーズン着られるスーツがあるにもかかわらず、季節感のあるスーツを選ぶのはなぜなのでしょうか。以下では、季節感のあるスーツを選ぶ大切さや意義についてご紹介します。

なぜ季節感のあるスーツを選ぶ?

オールシーズン使えるスーツがあるなかで、季節感のあるスーツを選ぶ理由はどこにあるのでしょうか。
その理由のひとつとしてあげられるのは、「オールシーズン使えるスーツでは盛夏期や盛冬期といったピーク時には対応しづらい」という点です。オールシーズン使えるスーツは、幅広い季節に対応できるようにつくられています。そのため、ある程度の気温の幅には対応できるのですが、ピーク時の気温に対応できるようには想定されていないため、盛夏期には暑く、盛冬期には寒く感じてしまいます。こうした点から、季節に合わせたスーツが必要となります。
もうひとつの理由として、「相手に与える印象に大きな違いがある」という点があげられます。夏用のスーツと冬用のスーツとでは一般的に生地が異なるため、見ただけで判別が可能です。暖かくなり始めたときにまだ冬用のスーツを着ていると、営業先などで相手に暑苦しさを感じさせる要因にもなります。こうした面からも、季節感のあるスーツを選ぶことが重要となります。

季節感のあるスーツの選び方

季節感のあるスーツの選び方 季節感のあるスーツには、大きく分けて春夏物と秋冬物があります。より特徴が出やすいのが、秋冬物のスーツです。春夏物やオールシーズンのスーツには細くて毛羽立ちが少ない梳毛糸という糸が使われていますが、秋冬物では柔らかくて起毛しやすい紡毛糸が使われています。
なお、秋冬用のスーツではフランネルやサキソニー、ツイードといった生地がよく使われており、これらを使用したスーツを着れば秋冬らしい季節感を演出することができます。

さまざまなバリエーションを楽しもう

さまざまなバリエーションを楽しもう スーツの衣替え周期はさまざまですが、1シーズン毎に使うスーツを変えるとなると年間で4種類のスーツが必要になります。春夏用と秋冬用だけで過ごす場合でも、替えのことを考えると3着ずつの6着程度は必要となります。
季節に合わせたスーツを用意する場合、どのようなスーツを選ぶかという点に楽しみを見出すことができます。デザインやカラー、または材質、柄など、季節に合わせてさまざまなタイプのスーツを選ぶことが可能です。季節ごとにスーツを用意することに関して強いてデメリットをあげるとすれば、一定の費用や保管場所が必要になるという点です。この点、オールシーズンを通じて使用できるタイプのものが一着あれば、費用や保管場所の心配もほとんどいりません。
スーツにはオールシーズンを通じて使えるものがある一方で、季節に合わせたものも用意されています。季節感のあるスーツは自分だけでなく、営業先など相手にも影響を与えるため、スーツの選びかたには気を配ることが大切です。なお、季節感のある、自分に合ったスーツを求めるのであれば、オーダースーツがおすすめです。オーダースーツであれば生地や柄など自由に選ぶことができるため、季節にぴったりのスーツを作ることができます。着心地も抜群なので、ぜひオーダースーツをお試しください。

Share This

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
page top