1. TOP
  2. DANKAN MAG
  3. 揃えておきたいリクルートスーツの定番

DANKAN MAG
COLUMN

揃えておきたいリクルートスーツの定番

  • twitter
  • はてなブログ
  • facebook
就職活動をする際、多くの方が着用するリクルートスーツ。第一印象を大きく左右するリクルートスーツは、慎重に選ぶべきアイテムの1つです。
とはいえ、「どんなリクルートスーツを選べばいいのか分からない……」という方も多いかもしれません。
そこで今回は、印象を良くするためのリクルートスーツ選びについてご紹介します。

リクルートスーツの定番スタイル

リクルートスーツの定番といえば、黒や紺、グレーなどのダークカラーに白いワイシャツを合わせるスタイルです。一昔前まではダークカラー以外のスーツも多くみられましたが、近年ではそうした明るめの色が姿を消し、ダークカラーが定番となっています。
デザインや柄の面では、一般的には無地のデザインが定番となっています。リクルートスーツの場合は派手な色のストライプは避けることが無難であるといわれていますが、過度に目立たない程度であれば細めのストライプでも問題はないといえます。なお、後ろ姿をすっきりさせ、スタイル良く見せる「センターベント」がジャケット背面に入っているものもリクルートスーツの定番となっています。「リクルートスーツ」と聞くととにかく無難なものを選んでしまいがちですが、過度に派手すぎないものであれば、ストライプやセンターベントなどのワンポイントはマイナス要素とはなりません。
ボタンに関しては、現在では2つボタンが定番であるといわれています。なお、2つボタンでも3つボタンでも、1番下のボタンは外すようにしましょう。

印象を良くするためのポイント

印象を良くするためのポイント 面接官は、意外にリクルートスーツの着こなしをチェックしているもの。ビジネスにおいて、第一印象は大切です。 第一印象に「清潔感」は不可欠。そのため、面接官は、まず「清潔感のある着こなしをしているか」をチェックします。体の大半を覆っているスーツが汚れていては問題外。清潔感のある印象を与えるためにも、汚れやシワが付かないように気をつけましょう。
また、面接官は「体型に合ったスーツを着ているか」という点もチェックしています。自分のことを把握し、周囲に対して好印象を与えられる人間であるかどうか……という点も評価ポイントなのだそう。体型にフィットしているスーツはスタイルを良く見せ、それだけで好印象を与えてくれるので、しっかりと体に合ったサイズのリクルートスーツを選ぶようにしましょう。体に合ったサイズのスーツを選ぶなら、オーダースーツがおすすめです。

小物選びも慎重に

4_3pixta_18872720_M リクルートスーツの着こなしを良く見せるには、「小物」との相性も大切です。小物も慎重に選ぶようにしましょう。
・ネクタイ
相手に与えるインパクトが強いネクタイ。個性を最大限に表現できるネクタイですが、リクルートに使用する場合には派手すぎるものは避けましょう。ブルー系のネクタイは清潔なイメージを与えるため、おすすめです。
・靴下
白色のものは避けましょう。靴下はできるだけ目立たないよう、スーツと同じ黒や紺、グレーなどのダークカラーを選ぶのが一般的です。
・靴
リクルートに使用する靴は、黒が基本です。就活中は長時間歩くことも想定されるため、歩きやすくクッション性の高いものを選ぶようにしましょう。
・ベルト
ベルトは、靴の色と合わせるのがベストです。ビジネスマンらしいシンプルな革のベルトを選ぶようにしましょう。
・カバン
カバンは、A4サイズが楽に入る大きさのカバンを選ぶようにしましょう。また、訪問先でカバンを床に置くことも多いため、立てても倒れないような底のしっかりしたカバンがベストです。
リクルートスーツは、自分の好みに合わせるよりも「面接官からの印象」を重視して選ぶことが大切。オーダーで体型にフィットするリクルートスーツを作り、就活に役立たせましょう。

Share This

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
page top