1. TOP
  2. DANKAN MAG
  3. 暑い夏も爽やかに!サマージャケットの着こなし術

DANKAN MAG
COLUMN

暑い夏も爽やかに!サマージャケットの着こなし術

最近ではクールビズが定着したことでオフィスでのカジュアルスタイル化が進み、暑い夏はポロシャツやカジュアルシャツにチノパンといったスタイルを楽しむ男性が増えています。

とはいえビジネスシーンにおいては、大切な取引先の来社や接待など、ジャケットが必要になることも少なくありません。また、休日のプライベートスタイルにもジャケットを羽織れば、より爽やかさがアップして素敵です。

そこで今回は、ビジネスにもプライベートにも重宝するサマージャケットの着こなし術をご紹介します。

人気急上昇のサマージャケット。人気のワケは?

人気急上昇のサマージャケット。人気のワケは?

サマージャケットとは、簡単にいうと春から夏向けに仕立てられた夏仕様のテーラードジャケットの総称です。

テーラードジャケットというと秋冬のイメージが強いですが、サマージャケットとは素材や仕立て方が異なります。例えば秋冬のテーラードジャケットには、必ずといって良いほど裏地が施されていますが、サマージャケットには裏地がほとんどありません。また、サマージャケットはコットンや麻、レーヨン、テンセル、シアサッカーなどの薄くて軽い素材が主となるため、周囲に暑苦しい雰囲気を与えないのが特徴です。

そんなサマージャケットは、ここ数年の人気急上昇コーディネートアイテム。ビジネスシーンだけに限らず、ジーンズやコットンパンツなどに合わせたり、インナーをサマーニットやポロシャツにしたりと、カジュアルウェアとしてもコーディネートできるのが、人気の理由です。最近のトレンドでいえば、ジャージやコットンピケ(カノコ)などを使った着心地の良いアイテムが多数登場しています。

ビジネスシーンにも休日にも使えるサマージャケットの着こなし術

ビジネスシーンにも休日にも使えるサマージャケットの着こなし術

ビジネスシーンにおいてサマージャケットを着こなすには、まず職場のドレスコードを考えましょう。

スーツが基本の職場なら、スーツの色に準じたサマージャケットを選ぶことをおすすします。でもせっかくのサマージャケットなので、オフシーンでも使えるようにジャージ素材ものやチェック柄などにしてみても新鮮で素敵です。レジメンタルなタイで、トラッドで若々しい印象にコーディネートするのもGood。

シャツとスラックスでOKという環境であれば、コットン素材にベージュやオフホワイトといった少し明るめの色も良いでしょう。ただし、ビジネスシーンではラフに砕けすぎないことがポイント。ダークカラーのボトムスを合わせたり、インナーにはボタンダウンのシャツを選んだりしましょう。

休日にはVネックのホワイトTシャツをインナーにしてブルーデニムと白スニーカーでまとめたり、ホワイトデニムをロールアップして素足にローファーやスリッポンでカジュアルダウンしたりするのもおしゃれです。

サマージャケットは、さまざまなスタイルを楽しむことができる万能アイテム

サマージャケットは、シーンに合わせてさまざまなスタイルを楽しむことができる万能アイテムです。
ぜひ、今年の夏はサマージャケットにチャレンジしてみませんか?

筆者:太田久美子/イメージコンサルタント

カラーアナリスト&イメージコンサルティングライセンスを取得し、現在、有限会社カナルプランニング取締役。30年間のキャリアの中でパーソナルカラーコンサルティングは15,000人に上る。また、講演登壇回数3,000回の実績を持つ。

■HP:http://www.canal-planning.co.jp/

太田久美子

Share This

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
page top