ショップブログ
SHOP BLOG

シャツ生地紹介

  • twitter
  • はてなブログ
  • facebook
20160705_01
ブログをご覧の皆様こんにちは。
前回の記事ではクールビズの季節のためオーダーシャツの紹介をさせていただきました。 なので今回はオーダーシャツの生地の紹介をさせていただきます!
ダンカンでは常時150種類以上の柄・素材の生地を店頭に並べております。 その中でも人気のある柄を説明をさせていただこうと思います。
20160705_02
まず初めに上記画像左2枚の柄をドビーと言います。 一般的にはドビー機械で織られた生地をドビーと呼ばれていますが、特に決まった組織名を持たない変わり織りをドビーとも呼ばれています。 模様は幾何模様、花柄、ストライプ、ドットなど種類が豊富で、ジャガードより小柄であるところが特徴です。 シャツ生地としてはストライプを用いたものがドビーストライプとして一般的で、立体的な光沢感が特徴の素材です。
そして上の画像の2枚の柄をロンドンストライプと言います。 ロンドンストライプというのは、日本の略称でロンストとも呼ばれています。 本来はブロックストライプの一種で、地と色の部分が等間隔の単調な縦縞のことです。 ストライプの幅は大体5〜10mm位で、色はブルーや赤などが一般的で、トラディショナルなシャツには欠かせない柄です。
20160705_03
続きまして上記2枚目画像左2枚の柄をタッタソールチェックと言います。 タッタソールチェックの由来は、ロンドンの有名な馬市場を創設したリチャード・タッタソールにちなんで付けられた名前であります。 白地に2色の線が交互に入っている単純なチェックが特徴で、白地に赤・黒、白地にイエロー・茶などの配色が代表として上げられており、繊細で知的なイメージを与える柄になります。
そして上記2枚目画像右2枚の柄をギンガムチェックといいます。 もしかするとご存知の方もおられると思いますが、ギンガムチェックとは、白地に同じ色の線が縦横に入るもっともシンプルなチェックパターンです。 黒や紺のギンガムチェックは大人らしいイメージに。 オレンジや青などを用いると爽やかかつポップなイメージになります。
今回は4種の柄の説明をさせていただきましたが、店頭にはその他の柄の生地も多く並んでおります。 素材の特徴やお探しの色などは是非スタッフまでお申しつけ下さい!

Share This

  • twitter
  • facebook
  • はてなブログ
page top